(小菅さん(仮名)/43歳女性/山梨県在住/職業:栄養士)

自分が絵を描いていることもあり、美術品に興味があります。
しかし、やはりいいものは高いのが美術品です。
いいものは値段と比例して高くなっていきます。

そんな中、掘り出し物の美術品を見つけました。
金額は決して安くはないのですが、美術品の価値を見れば掘り出し物であることはすぐわかります。
早くしないと自分以外の誰かに買われてしまうかもしれません。
この時はアルバイトをしていたので、金銭的な余裕がありませんでした。
それでも、どうしても欲しくて、キャッシングを利用しました。
キャッシングをするのは初めてで、面倒な手続きなどがあるのではないのかと思っていましたが、
そんなことはありませんでした。
すんなりお金を手にすることができて、無事にその美術品を手に入れることができました。
大満足です。

もしあの時にキャッシングをしていなかったら、この美術品は手元にないことになります。
眺めるだけでしあわせにしてくれるものには、そうそう出会えません。
キャッシングをして本当によかったと思っています。
今でもこの美術品は、私の中で掘り出し物の価格で手に入れた宝物です。
友人が自宅に来た時に見せたら、その出来に驚いていたので、
いいものは誰が見てもいいものだとわかるんだと実感しました。

アルバイトをしていた自分には高い買い物でしたが、
美術品との出会いは一期一会です。
買えないで後悔していたら、一生後悔していました。
大切にしてこの美術品と一緒に歳を重ねていきたいと思っています。